Bousaisikai WAKAYAMA
 
防災士会本部理事会地区防災計画推進大会

平成29年3月13日(月)JR水道橋駅近くの貸会議室で本年度第4回目の理事会が開かれ、早稲田が出席しました。

 議題は、1.平成28年度事業計画の進展について、2.平成29年度通常総会の開催について(平成29年6月24日(土)13:30〜星陵会館)、3.平成28年度事業報告決算報告、4.役員改選について(4月17日の会報で4月20日〜30日を公示期間とし、選考委員会で選考し、理事会で候補者決定。)、5.体制の強化(会長、副会長の設置)、6.平成29年度事業計画・予算案、7、定款の変更(第13条2項の副理事長の人数を2人以内から3人以内に変更する。)8.会員現況について、9.専門員の登録と見直しについて、10.その他について検討しました。

 

地区防災計画推進大会・全景                

児玉克敏企画官と右後方は司会の早稲田

 

 3月14日(火)は四谷の主婦会館で「地区防災計画推進大会」が開催され、全国から131名が参加されました。

 13時からの浦野修理事長あいさつで開会し、内閣府政策統括官(防災担当付)企画官児玉克敏(こだまかつとし)様から来賓ご挨拶がありました。続いて、神戸大学名誉教授室益輝(むろさきよしてる)先生から「地区防災計画のめざすもの〜地域防災力の向上に向けて〜」と題した基調講演がありました。

 休憩後、松尾副理事長から「日本防災士会の取り組みについて」の説明があり、続いて茨城県支部、新潟県支部、山口県支部から「地区防災計画」への取り組みについての活動報告があり、一括で質疑応答が行われました。

 最後に理事長から閉会の挨拶があり終了しました。早稲田は司会の任に当たり、開会予告から休憩終了告知までと、活動発表後から閉会までを担当いたしました。「日本防災士会の取り組み」から各活動報告後の質疑応答までは橋本常務理事が担当されました。

 

【2017.03.16 Thursday 21:06】 author : w-bousaisikai
| - | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
和歌山県支部共催防災講演会

2月27日に開催された和歌山工業高専主催・防災士会和歌山県支部共催の防災講演会の模様が日高新報に掲載されました。

【2017.03.16 Thursday 21:00】 author : w-bousaisikai
| - | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
防災講演会を和歌山工業高等専門学校と共催

平成29年2月27日(月) 午後6時から午後7時30分まで、御坊商工会議所会議室で、和高専「防災力強化プロジェクト」企画の防災講演会「大規模災害に備えた物資の備蓄と支援物資の受け入れ〜地域はどのように備えるか」を共催しました。
講師は、認定NPO法人レスキューストックヤード理事でロジステック専門家の伊藤秀行氏です。民間企業でのロジステック業務等の経験と、東日本大震災、茨城水害、熊本地震の被災地での物流管理の体験を踏まえ、平時からどう想定しておくおくべきか、どう備えておくかなどについて貴重な話がありました。また、災害時のトイレの重要性について強調されました。
当日は、午後6時からという時刻的に不利な設定でしたが、行政関係者も含め30名余の聴講がありました。本支部からは、早稲田支部長、白井顧問、雑賀ほかが参加しました。

【2017.03.04 Saturday 21:30】 author : w-bousaisikai
| - | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
NHK Let's Study BOSAI 2016

11月20日(日)に和歌山県に住む外国人向けのイベント「Let's Study BOSAI」がNHK和歌山放送局と和歌山県国際交流協の主催で開催されました。優しい日本語と中国語と英語で書かれた防災ガイドブックを用いて、災害情報をラジオで入手する方法やテレビのテロップについてや、和歌山県で起こりうる災害と避難情報などがNHKと和歌山気象台から解説がありました。

 また、和歌山市消防局による心肺蘇生やAEDの使用体験、和歌山大学によるゴーグル映像と手押し車で仮想地震の体験(バーチャルリアリティー)も実施されました。

 防災士会和歌山県支部は、地震と津波に関するピクトグラムの説明と多くの方々が共同生活をする避難所では一定のルールとマナーを守る必要があることを解説し、1人分のスペースや段ボールを使った間仕切りを体験してもらいました。

 この時の様子は11月21日(月)の18時30分からと20時45分からテレビNHK和歌山放送局のニュース番組で紹介されました。詳細は下記参照

http://www.nhk.or.jp/wakayama/mamoru/event/studybosai_after_h28.html

 

【2016.11.23 Wednesday 18:50】 author : w-bousaisikai
| - | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
平成28年度ボランティアフォーラムin御坊

本日(11月13日)御坊市民文化会館においてボランティアフォーラムが開催されました。防災士会和歌山県支部を含め約30団体が参加し、様々な活動報告などがありました。

 

【2016.11.13 Sunday 18:54】 author : w-bousaisikai
| - | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
防災学習 熊野高校

10月30日(日)県立熊野高等学校の生徒(618名)は午前中、上富田町、自衛隊田辺市消防本部、上富田消防団、和歌山県防災航空隊、町内の住民の方々と合同で防災訓練に取り組み、午後からは防災学習会を行いました。

 学習会の講師は防災士会和歌山県支部早稲田支部長が務めました。地球の成り立ち、プレートと地震、空気と暴風、水と大雨や洪水や土砂災害、海と津波など地球上の生物は災害と隣り合わせで生きている事などをスライドやDVDを使いながら説明し、最後に防災クイズを行ってその解説をして終了した。

【2016.11.03 Thursday 18:36】 author : w-bousaisikai
| - | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
有田市糸我公民館 子と親の防災講座

さる10月29日(土)有田市の糸我公民館で、糸我小学校5年生の児童とその親を対象とした防災講座が開催されました。
防災士会和歌山県支部に講師の依頼があり、梅木直幸顧問(前支部長、防災士会全国講師)が講師を務められました。当日は、児童20人余とその母親など合わせて50人が聴講しました。
梅木講師から、防災士会みやぎが作製した「減災絵本 『リオン』」をもとに、地球の恵みと災害が隣り合わせであることを解説し、日本防災士会作製のDVD「防災クイズ 知っててよかった」によりクイズ形式で災害時に必要なことを学びました。
また、梅木講師からは、地元の小学校の防災キャンプの実例やペットボトルランタンの作り方などが紹介され、子供たちもお母さんたちも楽しく防災に必要なことを学ばれました。
なお、今回の講師依頼は、8月3日の県教委主催「共育メニューフェア」への出展がきっかけとなりました。
(文責 副支部長雑賀)

【2016.10.31 Monday 19:55】 author : w-bousaisikai
| - | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
「あすのWA! 防災ラボ チームW!」

NHK和歌山放送局が制作放送している、防災上の素朴な疑問に「やってみなくちゃ解らない」と和歌山大学生が挑戦、解決する「防災ラボ チームW!」にアドバイザー役で出演しました。
「洪水などで水につかった道路を、どうしても歩いて避難しなければならなくなったとき、どんな履き物を履けばいいのか」が今回のテーマで、家庭にあるであろうモノ(長靴、運動靴、サンダル、はさみ、粘着テープ、傘)から選んで、水深40僉弊人の膝下程度)の中を歩いてもらいました。
 
学生たちが選んだのは、
A 子さん : 長靴を履き、足が濡れないようにその上からゴミ袋をかぶせ、膝付近で粘着テープ固定
B 男くん : サンダルを履いて、脱げないように粘着テープで固定し、杖代わりに傘を持つ
その結果は、
A 子さん : 長靴に水が入り、足が濡れてしまい、水で長靴が重くなって歩行が困難に
B男くん : A 子さんに比べ歩きやすく歩行も軽快でしたが、杖代わりの傘は途中で邪魔になると手放してしまいました。
また、A 子さんから、つま先やかかとが靴下で覆われているだけでは、剥き出しと同じで、ケガをする可能性が高いのではないかとの指摘を受けました。


実験後、『洪水はプールのような透き通った水ではなく、濁っていて路面は見えないので、その下には瓦礫などが散乱し、ふたの外れたマンホールの穴や急に深くなるところもあるので、傘などで足下を探りながら歩くこと。』
が、「コツ」であることを話させてもらいました。


以上 副支部長 雑賀忠士

【2016.10.23 Sunday 20:58】 author : w-bousaisikai
| - | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
白浜町立日置小・中学校合同保護者研修会

白浜町立日置小学校・日置中学校合同保護者研修会が10月19日(水)19時から開催され、防災士会に講演の依頼があり、「災害に備える」と題して、早稲田支部長が対応しました。地球の成り立ち、プレートの動き、地震(断層型・海溝型)のメカニズム、台風のメカニズム(風向きと強さ等について動画や画像を使って説明した後、防災クイズを実施、正解とその理由の解説を行いました。

 

【2016.10.20 Thursday 20:52】 author : w-bousaisikai
| - | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
共育支援フェアー

8月3日(水)和歌山ビッグ愛において、和歌山県教育委員会・和歌山県主催の「共育支援フェアー」が開催され、防災士会和歌山県支部も出展しました。

【2016.08.03 Wednesday 23:16】 author : w-bousaisikai
| - | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |