Bousaisikai WAKAYAMA
 
平成29年度和歌山県ボランティアフォーラム

12月3日(日)和歌山県勤労福祉会館プラザホープにおいて、第6回和歌山県ボランティアフォーラムが開催されました。日本防災士会 和歌山県支部もブースを出展しました。

【2017.12.04 Monday 20:47】 author : w-bousaisikai
| - | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
田辺市国際交流防災ワークショップ

平成29年10月1日(日)田辺市民総合センターで、田辺市に住む外国人向防災講座「国際交流・防災ワークショップ」が開催され、防災学習を行っている田辺市立新庄中学校の生徒が外国人に対して学習の成果を発表したり、田辺市消防本部が心肺蘇生やAEDの使用法の講習を行ったり、NHK和歌山放送局が災害時の情報入手について、田辺市防災まちづくり課が避難場所や避難所についての説明やワークショップとして段ボールを使ったパーテーションづくりの指導をされたり、防災士会和歌山県支部として早稲田が地震災害や津波について説明し、避難に関するピクトグラムや過去の避難所の様子などのついて講義を行いました。起震車体験などもあり盛りだくさんのイベントでした。

【2017.11.29 Wednesday 19:51】 author : w-bousaisikai
| - | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
NHK Let's Study BOSAI 2017

11月26日(日)和歌山ビッグ愛において、県内在住の外国人向けの防災イベントNHK Let's study BOUSAI が開催されました。今年で4年目ですが、日本防災士会和歌山県支部は第1回から「避難」をテーマにしたワークショップを担当しています。

今回の様子は以下のとおりです。

【2017.11.27 Monday 21:42】 author : w-bousaisikai
| - | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
海南市 防災士研修会

10月21日(土)黒江防災コミュニティーセンターにて、海南市危機管理課主催の市内在住防災士向けの研修会が実施されました。

紀の川市農林商工部部長で(一社)日本災害救援活動士協会理事の神徳政幸氏の講演と「ロケットストーブ」の制作体験に参加しました。 事務局・奥田

【2017.10.22 Sunday 10:19】 author : w-bousaisikai
| - | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
九州北部豪雨災害へのボランティア活動・新聞記事

9月8日にあった和歌山県災害ボラティアセンターの活動がニュース和歌山に掲載されました。

【2017.09.16 Saturday 19:08】 author : w-bousaisikai
| - | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
九州北部豪雨災害へのボランティア活動

和歌山県社会福祉協議会・県災害ボランティアセンター催行の福岡県朝倉市杷木地区への災害ボランティアに、日本防災士会和歌山県支部から、早稲田支部長と曲田さんが参加しました。

9月7日(木)の夕刻、和歌山を出発し、翌8日(金)終日活動し9日(土)早朝帰和(車中2泊)という強行日程でしたが、無事終了できました。

 

福岡県朝倉市杷木地区への災害ボランティアセンター

 

朝倉市寒水(そうず)地区にある文字社(もんじゅしゃ)境内での作業風景

 

【2017.09.10 Sunday 21:12】 author : w-bousaisikai
| - | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
シニア災害ボランティアシンポジウム

9月5日に開催された「シニア災害ボランティアシンポジウム」の記事が新聞に掲載されました。

マイクを握る早稲田支部長

【2017.09.07 Thursday 21:14】 author : w-bousaisikai
| - | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
シニア災害ボランティアシンポジウム

特にシニア世代の方を中心に、災害ボランティアへの参加を考えてもらうため、被災地でのボランティア活動や地域における防災・減災活動を支えるボランティアの役割を知ってもらうシニア災害ボランティアシンポジウムが災開催されます。防災士会和歌山県支部早稲田支部長がパネリストとして登壇します。

 

○日 時:平成29年9月5日(火)

      開場13:00 開会13:30

○会 場:和歌山県情報交流センターBig・U(田辺市新庄町3353-9)

○参加費:無料

○定 員:200名

○主 催:和歌山県、一般財団法人地域社会ライフプラン協会

○共 催:和歌山県社会福祉協議会(和歌山県災害ボランティアセンター

 

 

【2017.08.26 Saturday 21:02】 author : w-bousaisikai
| - | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
資機材搬出ボランティア

本日(8月23日)和歌山県社会福祉協議会・県災害ボランティアセンターの要請で、和歌浦ストックヤードに搬入・整理した資機材、100種類強の内、約半数の50種類 (角スコップ・剣スコップ・バケツ・投光器等)を新たに開設中の 『すさみストックセンター』に搬出すべく活動を行いました。防災士会から石田雄二朗、曲田重信の2名が参加、相変わらずの蒸し暑さの中で、9:30〜11:00頃には積込み完了させました。

 

【2017.08.23 Wednesday 23:21】 author : w-bousaisikai
| - | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
串本町ジュニアリーダー研修会

 平成29年7月8日(土)〜9日(日)和歌山県串本町にある県立潮岬青少年の家で実施された串本町子ども会連絡協議会主催、串本町教育委員会共催によるジュニアリーダー研修会(串本町内各地域で子ども会のリーダーとして活躍しようとしている小学生4・5・6年生)が開催され、29名が参加した。内容は、木を擦り合わせる火おこし、カレー作り、平和学習、防災学習、合宿、朝の集い、チョークアート等が行われました。 防災学習については、特定非営利活動法人日本防災士会和歌山県支部に依頼がありました。

 串本町は南海地震が発生すると震源に最も近く、激しい揺れとともに数分で津波がやってくると言われています。そのために身の安全を確保し、すぐに避難行動に移らなければなりません。講座はまず地震動の映像を見せ、その後津波の映像を見せました。NPO法人茨木県防災士ネットワークが制作された「自分を守り、地域を守る!」を投影し、地震や津波のメカニズム、日頃の備えや心構えについて説明した。

 

最後に、防災グッズの種類やその使い方、日用品を利用した防災グッズの作り方などの紹介を行い、約1時間で終了しました。

 参加した小学生は熱心に一生懸命に耳を傾け、関心を持って聞いてくれました。

   早稲田眞廣

【2017.07.29 Saturday 18:38】 author : w-bousaisikai
| - | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |