Bousaisikai WAKAYAMA
 
和歌山県災害ボランティアセンター 資機材ストックヤード整備

12月11日、県災害ボランティアセンターの資機材ストックヤードが印南に新設されるにあたり、和歌浦ストックヤードからの搬出に県支部の曲田氏が協力しました。

【2018.12.12 Wednesday 21:21】 author : w-bousaisikai
| - | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
NHK Let's Study BOSAI 2018

12月9日(日)和歌山ビッグ愛においてNHK和歌山放送局、和歌山国際交流センタ−主催の県内在住外国人向けの防災啓発イベント「Let's Study BOSAI」が開催されました。今年5回目となる今回は、参加者が主体的に行動する実践型のイベントとなりました。第1回から協力している日本防災士会和歌山県支部は、主に応急担架で負傷者を運ぶコーナーを担当しました。

【2018.12.09 Sunday 18:53】 author : w-bousaisikai
| - | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
おもしろ環境まつり

12月2日(日)みその商店街アーケード内を会場に和歌山県地球温暖化防止活動推進センターなどの主催で「おもしろ環境まつり」が開催され、県内から「気候」、「エネルギー」、「食べ物と水」のジャンルに合計50団体が参加し、日本防災士会和歌山県支部も「気候」のジャンルに出展しました。

 

【2018.12.02 Sunday 23:01】 author : w-bousaisikai
| - | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
関西支部連絡協議会 研修会

11月23日(祝)広川町の「稲むらの火の館」において2108年度の日本防災士会関西支部連絡協議会主催の研修会が和歌山県支部(今年度幹事県)の運営で開催されました。近畿地方6府県の各支部から27名、関東、北陸、東海地方からも10名の参加があり、安政の大地震で広川村の人々を「稲むらの火」で救った濱口梧稜の活躍を史実に基づいて学びました。

 

【2018.11.23 Friday 21:25】 author : w-bousaisikai
| - | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
今福小学校施設開放委員会主催 共助促進イベント

11月11日 和歌山市立今福小学校において、今福小学校施設開放委員会主催で「大災害に備える」をテーマに共助促進イベントが開催されました。小学校施設を利用する近隣の自治会、PTA、関連団体、スポーツクラブ等の関係者約20名が参加して、グループ討議などが行われました。

日本防災士会和歌山県支部から3名がアドバイザー的な立場で参加させて頂きました。

【2018.11.11 Sunday 19:03】 author : w-bousaisikai
| - | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
那賀障害者自立支援協議会防災部会セミナー

11月9日 打田町生涯学習センターにおいて那賀障害者自立支援協議会防災部会のセミナーが開催され、日本防災士会和歌山県支部の早稲田支部長が講演しました。参加者は約60名でした。

 

【2018.11.10 Saturday 08:43】 author : w-bousaisikai
| - | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
田辺市上秋津校区協議会 防災学習会

 10月10日(水)19時から20時30分まで田辺市上秋津校区協議会(上秋津小中学校保護者、公民館等)主催の防災学習会があり、早稲田和歌山県支部長が講師を務めました。

 最初に行った各種災害のメカニズムとその対処方法の説明や、防災士会の活動ついて紹介したスライドや解説に参加者は真剣な眼差しで聞き入っていました。
 その後、クロスロードゲームの説明をしながら、各班で実施してもらったところ、大変盛り上がり、意見が飛び交っていました。最後に行った防災グッズの紹介でも非常に関心をもってもらえ、もっと聞きたかったとの感想もありました。

【2018.10.16 Tuesday 22:25】 author : w-bousaisikai
| - | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
岡山県倉敷市真備町での支援活動

8月18日(土)、19日(日)の両日、日本防災士会奈良県支部が企画し、日本防災士会が、関西御支部連絡協議会に呼びかけて災害ボランティアバスが運行された。

 8月18日(土)午前6時に奈良県を出発したバスに、大阪府中央区難波で本部からの甘中繁雄事務局長と和歌山県支部から早稲田が合流、岡山県倉敷市真備町に向かった。

 10時30分頃真備町VCで本部からの金子勉防災技術指導チーム統括隊長や山形県支部早坂会員や兵庫県支部会員で本部女性防災推進局横山恭子理事や岡山県支部所属防災士らと合流して岡田サテライトに向かった。その後3班に分かれて活動を開始した。

 床上浸水家屋床下の泥出しや日本間の土壁剝しなど2日間の活動を終え、田辺市の自宅には23時50分頃の帰宅であった。

 早稲田眞廣

 

【2018.08.23 Thursday 21:29】 author : w-bousaisikai
| - | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
ありだがわ 親子防災イベント

NPO わかやま環境ネットワーク(和歌⼭県地球温暖化防⽌活動推進センター)主催の防災イベント「ありだがわの夏フェス 親子企画 さわれる防災」が8月5日元田殿保育所にて開催され、日本防災士会和歌山県支部から早稲田支部長はじめ4名で参加し、防災クイズや防災グッズの説明などを行った。

 

防災クイズを実施中の早稲田支部長

 

防災グッズの展示コーナー

 

【2018.08.05 Sunday 21:50】 author : w-bousaisikai
| - | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
西日本豪雨災害 ボランティア 7月31日 岡山

和歌山県災害ボランティアセンター・和歌山県社協による西日本豪雨災害へのボランティアバスが催行され、県災害ボランティアセンターの協力団体である防災士会和歌山県支部から曲田氏が参加しました。

行程は以下のとおり。

 

行 先 :岡山県倉敷市(倉敷市災害ボランティアセンター:中国職業能力開発訓練大学校)

期 間 :7月30日(月)23:15 和歌山発 31日(火)現地到着&活動 深夜和歌山着

参加人数:20名

 

被害が大きかった真備町にて活動、浸水被害最大5.3mの地区で倉敷市役所真備支所も1階部分が水没、現在復旧に向けて作業中で仮設トイレであった。

【2018.08.04 Saturday 16:14】 author : w-bousaisikai
| - | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |